· 

平成最後の今年の漢字「災」をみて思うこと。。。

こんにちは!

結婚相談所 Firstの宇野です。

 

今日は、日本漢字能力検定協会主催の「今年の漢字」が発表される日ですね!

平成最後の漢字は「災」

暗いイメージの文字になりましたね。

平昌オリンピックやワールドカップなどの一大イベントがあった年でしたが、各地で地震や台風、豪雨、猛暑など様々な災害が発生したからなんでしょうね。

 

私は大阪市に住んでいますが、台風21号は今までの台風の中で一番怖かったです。

あんなに命の危険を感じたのは初めてでした。

大阪北部地震は、ちょうど実家の岡山県に帰省していて地震自体は経験しなかったものの、大阪にいる家族や友人が心配でハラハラしたのを今でも覚えています。一時、連絡もつかなくて本当に怖かったです。

西日本豪雨は、実家が大丈夫なのか毎日心配していました。

 

東日本大震災以降は、防災意識やもしもの時は急にやってくるということを分かっているつもりでしたが、いざ来ると慌てました。日頃からの準備が本当に大切であると再認識しましたね。

 

何でもそうですが、普通に生きていると大事なことが当たり前になってしまい、感謝できなくなってしまう事があります。

今年の漢字「災」をみて、改めて家族が元気であること、住むところや働ける環境があること、友人がいることなどへの感謝の気持ちが湧いてきました。忘れないようにしたいです。