· 

「男性必見!」お見合い時のスーツ確認ポイント

こんにちは。

結婚相談所 Firstの宇野です。

今日は男性のお見合い時の服装についてのお話です。

男性のお見合い時の服装は基本的にスーツです。ジャケットにチノパンスタイルの方もいらっしゃいますが、センスの良し悪しがでるので自信のない方は避けた方がいいかもしれませんね。

男性のスーツ姿は格好いいものです。
スーツスタイルがきまると「格好いい」「仕事ができる」「信頼できる」といったスーツ本来がもっている機能をみせることができます。

ただ、、、
とりあえずスーツを着ていれば安全というわけではありませんよ。

ご確認ください!!
今、お持ちのスーツはあなたの魅力を引き立ててくれる武器になっていますか??

私の会社員時代、社内や駅などで男性のスーツ姿は山程見てきました。
大変失礼ですが、中にはちょっと残念だなと思うスーツを着ておられる方も多かったと思います。

例えば、シワや汚れ、フケなどがついている。
着すぎて生地がテカっている。
生地がペラペラ、ヨレヨレ。
中でも特に気になるのはサイズが合っていないことでした。あくまでも個人的リサーチですが、多かったです。

ジャケットの着丈が長すぎたり、身幅やパンツの裾幅がゆったりしすぎていたり。
男子中高生の学生服はブカブカでも可愛らしいと思えますが、大人のビジネスマンがサイズが合っていない服を着ているのは如何なものかと思います。
ウエストや肩幅だけに合わせず、全体的なシルエットがどうかで選んでいただきたいです。

そこで、私がおすすめするのは「オーダースーツ」をお見合い用に一着作ることです。
たまに、お見合い時にオーダースーツを着ることを勧めない仲人さんもいらっしゃいますが、その理由は「高額だから」「服にお金をかける人と思われるから」とのこと。
でも、最近のオーダースーツはリーズナブルな値段で作れます。大手量販店と同じ位の価格で作れるお店もあります。
少し高かったとしても、あくまでも仕事服にお金をかけて印象を良くし、仕事が円滑に進みお金を稼いでいるのなら私は全く問題ないと思います。
また、サイズに関しては量販店で調整してくれるのはパンツの裾くらいですよね?
サイズ展開は多いと思いますが、既製品に全てのサイズがピッタリ合う人なんて珍しいと思います。
自分に合ったスーツを着こなして、お見合いでも仕事でも、相手に信頼や安心感を与えましょう。


オーダースーツにも種類があって、「フルオーダー」「イージーオーダー」「パターンオーダー」に大きく分かれます。
フルオーダーは、その名の通り、一人ひとり採寸し、そこから型紙を起こして作るスーツを指します。テレビで見るようなお金持ちや芸能人がテーラーに仕立ててもらうといったイメージ。高額です。

私のおすすめは「イージーオーダー」
生地を選び、採寸をして縫製工場にある型紙の中から自分の体型に近いものを選び、微調整していくものです。もともと型紙があるので低価格。お店や選ぶ生地によりますが、およそ3万円くらいから作ってくれます。
また、お店によってはオプションになる可能性はありますが、ボタンや襟の形、ポケットの形や数、裏地、ステッチの糸の色など自分の好みにカスタマイズできるのが魅力です。

最後の「パターンオーダー」は既に出来上がっているスーツを元に、できる範囲でサイズを調整するというもの。低価格ですがあまり既成品と変わらないので、面白みに欠けます。

勝負スーツをお持ちでない方や買い替えをしようと思われていた方は、ぜひオーダースーツに挑戦することをおすすめします。
自分でも着れば分かると思いますが、フィット感やシルエットが普段と全然違いますよ。
ビシッと決まります(^ ^)

一応、デメリットもお伝えしておくと、
①納品に1〜2ヶ月かかります。私はたまにイージーオーダーをするのですが、急いでもらっても1カ月程度かかります。なので時間の余裕が必要です。
②ついつい予算オーバーしてしまうので注意が必要です。生地やボタン、裏地は本当にたくさん種類があって迷います。良い生地にしたい気持ちも分かりますが、まず最初に店員さんに予算を伝えておきましょう。その予算内で提案してくれます。
予算を言うのは恥ずかしいことではありませんよ!高ければ良いというわけではないし、自分に似合う一着をプロと一緒に作っていくことが大事です。

スーツにこだわることに年齢は関係ありません。
若いから量販店で買うとか、歳をとったからゆったり目のスーツを選ぶとか。

そんな決めつけ、すごくもったいない!!
スーツ一つで若くみえたり、痩せてみえてり、足が長く見えたり、清潔感を与えられたりと。
スーツで格好いいは作れます。
どうせ着るなら、自分を引き立ててくれるスーツを選び、自分の魅力をアップさせましょう。
お見合いに行くのに、武器は多いに越したことはありません。

Firstでは、独自にテーラーさんもご紹介できますので、必要な方はお気軽にご相談ください。